車を売る前に洗車や掃除は必要?

車を売るために洗車は必要なのか

車を売る前に洗車や掃除は必要なのか
 
車を売るために洗車は必要なのか
 
車を売る前に洗車や掃除は必要なのか、疑問に思っている人が多いようです

もちろん車を売る場合は、個人や業者だったとしても、人が見る訳ですから、洗車と車内の清掃くらいはした方が印象的には良いはずです。

車の見た目をキレイにしたからといって、必ず査定額が上がるわけではないですが、結局査定するのは人なので、見た目の印象を良くするためにも洗車するのは常識でしょう。

ボディの傷やヘコみについては、なるべく直さずに査定に出したほうが良いのですが、洗車や車内の清掃ぐらいなら、自分でも簡単にできるし、結果、車を高く買い取ってもらえるのであれば、安上がりです。

洗車をすることで、小さな傷が目立つかも?と思う人もいるかもしれませんが、車査定をするのは、プロなので、車を見る部分や査定の観点自体が違うので、そこまで気にしなくても良いでしょう。

車についた小さな傷などは、自分で直してから査定してもらったほうが良いという人もいますが、基本的には小さな傷などは、極力直さずに、そのままの状態で、査定してもらうようにしてください。

車の傷やヘコみというのは、下手に直してしまうと、査定の評価が下がってしまう可能性もありますので、修理も含めて、買取業者に任せた方が安く済みます。

傷やヘコみで査定額が下がることは、多少はありますが、修理した結果、修理代以上に査定額が上がるということは、ほとんど期待できないのです。

車を売る前にやるべき事は、最低限、洗車・車内清掃の2つでしょう。

車内清掃については、掃除機をかけて、ボディや窓をキレイに拭けばそれで十分です。

また、清掃後に、消臭剤や脱臭剤を使って車内の臭いをとることも効果があります。

車を高く買い取って貰うために、お金を手間を掛けてしまっては意味がありませんし、無駄に、様々な手を施しても、査定には影響がないということも知っておいてください。

車の価値としては、見た目はそれほど重要ではないですが、ただ印象が良くなれば評価も高くなるかもしれないということです。

洗車や掃除は車査定にどれくらい影響があるの?

車を売る前に洗車は必要なのか

車の洗車や掃除を念入りにすることで、査定金額がアップするのであれば、できるだけ時間をかけてでも、洗車や掃除をしたいはずです。

しかし、マナーとして洗車や掃除は最低限しておくのが基本ですが、実際には、洗車や掃除が車査定を左右することになるのか説明していきます。

車の洗車や掃除は査定額に直接影響しない

基本的には、車の洗車や掃除をどんなに念入りにしても、直接、査定金額には影響はないと言われています。

その理由は、ディーラーの下取り後や、車買取店が、車を引き取った後、専門の業者や買取った販売店が、さらに洗車や掃除をするからなんです。

そうなると、洗車や掃除するだけ無駄?と思う人もいるかもしれませんが、実際は洗車や掃除をして査定をするには理由があります。

最低限の洗車や掃除が必要な理由とは?

基本的には、洗車や掃除が査定金額に直接影響しないと言われているようですが、それでも、車を手放す前には洗車や掃除をする方が良いようです。

理由としては、ディーラーや車買取店といっても、実際に査定するのは人なので、車や売り手の第一印象も車査定の対象になっている事も少なくないからです。

査定するのに、車を見るのは当前ですが、査定対象の車を通して、その車の所有者がどんな人なのかも実際は見られていることが多いのです。

査定する車が、あまりにも汚れていると、査定する人には印象が悪くなるはずです。

例えば、

・この人は適当みたいだから、多分車を大事にしてないかも…

・この車は、買取ってからの洗車や掃除が大変そうだな…

といったような印象を与えてしまい、査定金額の減額対象になってしまう可能性もあるのです。

このようなことは、できるだけ避けたいので、必要以上に洗車や掃除をしなくても良いとして、自分ができる程度で、洗車や掃除はしておくのが良いでしょう。

車外洗車と車内掃除はどっちが重要?

車を売るための洗車と掃除方法とは

車外の洗車と車内掃除では、どちらに時間をかけるほうが、車査定にとっては重要なポイントになってくるのでしょう。

実は、車のボディーをキレイに磨くよりも、車内をキレイにしおく方が、車の査定額はアップする傾向にあります。

特に、車内の匂いなどは、査定額に直接影響することが多いようです。

車内のマットなども、一旦外して洗濯し、マット下の部分までもキレイに掃除するのは基本中の基本になります。

また、窓ガラスの外や中も綺キレイに拭いておいた方が良いでしょう。

車の窓ガラスの内側というのは、清掃時に見落としがちなポイントなので、むしろ内側の窓こそしっかりとキレイにしましょう。

次に、ハンドルやダッシュボードなどもキレイに拭いておくのがポイント!

もし、ダッシュボード等にシールを剥がした跡など残っている状態だと、査定のマイナスポイントになってしまいます。

シール剥がしなどを買ってきて、残ったシール跡などはキレイに取り除くようにしましょう。

バックミラーなども、窓と同じで、洗剤などでキレイにしておくことが大事、もし、溝みたいな部分に汚れがあったら、歯ブラシなどを使って、汚れをキレイに取り除くようにしてください。

このように、車内の掃除というのは、汚れやゴミを取り除くという意味がもちろんありますが、車内の臭いを元から取り除くという意味もあり、車内の掃除は、おろそかにはできないということです。

車の汚れと臭いを同時になくすという思いで、車内掃除に取り組み事が大事です。

車査定の場合、車内の臭いというのは査定のマイナスポイントになりやすいので、車査定に出す際には、車内掃除には気を使うようにしましょう。

The following two tabs change content below.
福岡県在住、43歳、バツ2、独身男性。 元ディラー勤務を経て、自分で中古車販売店を始め、毎週オークション情報をチェックしながら、小さいながらに、一般のお客さんからも中古車の買い取りをしている。プロの目線で、中古車を高く売るための秘訣を紹介している。 また、元カノはモデルやレースクイーンばかり…仕事でモーターショーに行っては、年甲斐もなく常にナンパをする、根っからの女好きが唯一の短所。 ただ、仕事に関しては真面目で、お客さんからの信頼は高い。

最新記事 by 車業界の中年イケメン社長 (全て見る)

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県在住、43歳、バツ2、独身男性。 元ディラー勤務を経て、自分で中古車販売店を始め、毎週オークション情報をチェックしながら、小さいながらに、一般のお客さんからも中古車の買い取りをしている。プロの目線で、中古車を高く売るための秘訣を紹介している。 また、元カノはモデルやレースクイーンばかり…仕事でモーターショーに行っては、年甲斐もなく常にナンパをする、根っからの女好きが唯一の短所。 ただ、仕事に関しては真面目で、お客さんからの信頼は高い。