古い車も査定対象になる?

古い車は査定対象になるのか

古い車は査定対象になるのか
 
古い車も査定対象になるのか
本来なら、車を高く売りたいのなら、なるべく年式が新しく、走行距離が短い状態で手放す方が良いのは当たり前のことです。

しかし、新車で購入した場合には、最初の2、3年程は、新車価格と比べて車両価格が下がってしまうので、新車の場合、3年以内に売るのは損をしてしまうことがよくあります。

車を買ってから手放すまでの期間を判断するのは、非常に難しいと思いますが、特に日本人の場合は、平均や目安を気にする事が多いので、古い車や走行距離が多い車は好まれないようです。

なので、年式だと10年以内、走行距離だと10万キロ以内に売るのが車の価値が下がらないといわれていますが、なるべくなら年式が8年以内、走行距離が8万キロ以内の状態で売りたいところです。

しかし、どんない古い車だったとしても、査定価格が全く付かない事はないようです。

車買取店の場合は、買取った古い車を、海外へ輸出する事が多く、特に日本車は性能が良く、壊れにくいので、海外では、かなり古い車でも人気があるようです。

特にトヨタ車の場合は、日本でも十分人気がありますが、海外の場合、年式が古く、走行距離が多い車でも、ほとんど関係なく高値で取引されます。

年式や走行距離を気にするのは、世界中でも日本だけと言われているほど…

また、車は乗り方一つで大きく状態が変わる事がありますが、年式が古い車でも、ちゃんとメンテナンスをしていた車は、状態が良いものが多いです。

中には、20年や30年経っても、ほとんど故障も無く乗れる車もあるほどです。

ある国では、10万キロ以上走っている車の場合、税金が安くなるという所もあるほどなので、たとえ年式の古い車や走行距離が多い車でも、好まれる市場も多いということです。

古い車はディーラーでは査定対象にならない場合も

古い車は査定対象になるのか
車が古くなったので、買い替えるためにディーラーの下取り査定をしてもらうと、車が古いので査定価格がつかない…ということがあります。

どんなに古い車だからといって、どこか壊れている車の場合なら分かるのですが、走行も問題なく、別に悪い箇所も無い車でも、なぜ査定価格が付かないのか不満にに思うかもしれません。

車の状態や、買取るところによっては、査定価格が付かないということも良くあるのです。

しかし、下取り価格の基準や、査定価格が付かないと言われた車をどうすればいいかなど、古い車の買取相場や、下取りに関する知識を知っておくことで、交渉がスムーズに進んだり、下取り価格が付かないという事を避けることができます。

古い車の査定価格基準は?

古い車の査定価格基準とは
それなりに古い車でも、ほとんどの場合、中古車として市場に出ることも多いようです。

年式の新しい車や、人気のある車は、当然高く買い取ってもらえますが、年式は新しくても、走行距離が多い車は、マイナス査定の大きな要因になります。

しあkし、車のフレームまで破損してしまった事故車や修復歴車は、後々、どんな不具合が起こるか分からないという理由で、売れる確率も下がるので、査定価格は大幅に落ちてしまいます。

事故歴があることは黙っていればわからないかも…と思う人もいるかもしれませんが、プロ査定士の目は、なかなか誤魔化せません。

もし、査定後にバレると、契約解除や大幅に価格を下げられてしまうことがあるので、事故歴などはきちんと伝えてから査定をしてもらうようにしてください。

古い車は売れないと思っていても、年式は古くても人気のある車種もあります。

昔人気があった、隠れた人気車種の場合などは、カーオークションでは、結構高く売れているようです。

車売買に限らず、需要と供給のバランスが重要なので、大切に乗ってきた古い車の場合、カーオークションでの市場価格も覗いて見るほうがよいかもしれません。

また、最近では、海外輸出を目的とした車買取業者も多くなってきているので、なかなか査定価格が付かない古い車でも、海外専門買取業者なら、思ったよりも高値で買取ってくれる事もあります

古い車は廃車した方良いの?

古い車も査定価格が付くか
査定額の付かないような古い車は、廃車にするのが良いのかもしれませんが、ディーラーなどでも査定価格が付かないいわれた上に、廃車をするのにも手数料が必要になり、結局思った以上に処分費用がかかってしまったということもあるようです。

車が古いと、お金にならなかったり、維持費がかかってしまう、という感じに思っていませんか?

もちろん、ディーラーや中古車販売業者からすれば、廃車した車には、ほとんど価値もありません。

反対に、手続き等に、手間や費用がかかるため、手数料を取られるのも当たり前の事なのです。

しかし、廃車して解体する車のパーツ部品は、再利用できますし、他の部品などは、アルミや鉄くずとしてリサイクルすることも可能です。

要するに、廃車買取業者にとっては、非常に価値の高い車が多いのです。

古い車が、中古車として販売できるかで見るか、解体後の各部品の価値を見るかによって、買取価格は大幅に違ってくる事があるのです。

ディーラーなどでは、査定価格が付かなかった車でも、廃車買取業者の場合、高く買取ってくれますので、古くて査定価格の低い車なら、廃車買取業者に相談してみるもの得策かもしれませんね。

The following two tabs change content below.
福岡県在住、43歳、バツ2、独身男性。 元ディラー勤務を経て、自分で中古車販売店を始め、毎週オークション情報をチェックしながら、小さいながらに、一般のお客さんからも中古車の買い取りをしている。プロの目線で、中古車を高く売るための秘訣を紹介している。 また、元カノはモデルやレースクイーンばかり…仕事でモーターショーに行っては、年甲斐もなく常にナンパをする、根っからの女好きが唯一の短所。 ただ、仕事に関しては真面目で、お客さんからの信頼は高い。

最新記事 by 車業界の中年イケメン社長 (全て見る)

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県在住、43歳、バツ2、独身男性。 元ディラー勤務を経て、自分で中古車販売店を始め、毎週オークション情報をチェックしながら、小さいながらに、一般のお客さんからも中古車の買い取りをしている。プロの目線で、中古車を高く売るための秘訣を紹介している。 また、元カノはモデルやレースクイーンばかり…仕事でモーターショーに行っては、年甲斐もなく常にナンパをする、根っからの女好きが唯一の短所。 ただ、仕事に関しては真面目で、お客さんからの信頼は高い。