ディーラーで見積もりを多く取って交渉する

ディーラーで見積りを多く取って値引きするのは

ディーラーで見積もりの交渉をするには
 
ディーラーで見積りを多く取って値引きするのは
 
ディーラーで見積もりを多く取って交渉するといった方法が、車を安く購入するための最善策の一つでもありますが、ディーラーと交渉するとなると、なかなか大変なことかもしれません。

普通、新車などの購入になると、ディーラーで値引きするのが一般的ですが、値引きする事は、価格が付いたものを購入するためには常識的な考え方かもしれません。

しかし、ディーラーで値引きしてもらおうとしても、交渉ができない人もいますし、交渉自体をするのが嫌いという人も少なくはないはずです。

かといって、人はできるだけ少ない労力で、物を安く購入したいと考えてしまうのは当たり前なんですが、そうなると、ディーラーとの値引き交渉は、価格が高いだけに、必要不可欠な要素になります。

現在、新車購入を検討している人は、

どんな交渉をすれば、ディーラーは値引きしてくれるんだろう…
いくら位値引きされるのが妥当かな…

など、心配な人も多いと思いますので、ここでは、

・ディーラーでの新車値引き交渉について

・ディーラーと買取店との比較

・どれぐらい値引き出来るのか

・新車購入時の値引きで出来る事

など、ディーラーで見積もりを多く取って値引き交渉をするための要素をまとめてみましたので、ディーラーでの値引きについて、簡単に説明していきたいと思います。

値引き交渉をしない人は損をしているかも

ディーラーで値引き交渉するには
そもそも、なぜ、車の販売価格を値引きすることが可能だと思いますか?

それには、車業界しか知らない、値引きが可能な理由があるんです。

普通、メディアや新聞の広告などで記載してある車の価格というのは、車の定価ではなく、メーカーが価格設定した「メーカー希望小売価格」なので、元の価格は、ディーラーが好きなように決めることになっています。

なので、各ディーラーが、販売価格の利益を上乗せしているので、交渉によっては、車両価格を値下げすることが可能になるということなんです。

また、ディーラーの利益分は、交渉をする以前から決まっているので、値引きができる相場は予め把握しているという訳です。

値引き交渉をしない客はディーラーを喜ばせるだけ!

車購入時、値引き交渉もせずに、ディーラーの言い値で購入するお客は、車を高く買ってもらえると思って、なめられてしまいます。

こんな人の場合、購入した後でも、修理・車検・整備なども言い値でいくらでも払ってしまいますから、販売店や整備業者から見ると、かなり都合の良い客というわけです。

値引き交渉に失敗しないためには

車の値引き交渉で失敗しない方法
こ記事のような、車の値引きについて見ている人は、ディーラーなどでも、値引き交渉をしてこないし、販売価格に不満も抱かない、都合の良い客と思われているかもしれません。

なので、車購入時に値引きをしてみても、失敗する可能性も高いのです。

値引き交渉のコツは、うまく話ができる事でも、相手を言いくるめる事でもないので、ここで、誰でもディーラーでの値引きができるコツを教えます。

値引きを最大限に引き出すコツとは?

基本、値引きを交渉をする前に、値引きができる価格の範囲は、ディーラーで見積もりをする前から決まっています。

なので、コツというよりも、前もって準備をする事がとても重要になってきます。

この事前準備をするのとしないのとでは、値引き額に大きく影響してくるので、少しでも値引きして車を購入したい人は知っておいてください。

値引きできる相場を知る事が大事

もし、あなたが購入しようと思っている車の値引きの相場を知らずに「●●万円位は値引きしてほしい」とか、「●●●万ならすぐ購入します」と言ったとしましょう。

もちろん、簡単に断られるはずです。

そして、販売店側からすれば、何も知らないみたいだから、値引きもほとんどする必要がなさそう…などと思われてしまいます。

適当に交渉をすると、何も効果が無いということになるんです。

このようなことは、絶対に避けなければならないので、前もって、価格相場がわかるウェブサイトや、車専門の雑誌を活用して、明確に値引きができる価格相場を把握しておくようにしましょう。。

他のメーカー競合車種との見積り比較が重要

販売店の営業が、最初にお客さんの何を見ているかというと、車を購入しに来た人が、どれ程本気で、その車を購入しようとしているかという部分なんです。

その車を購入する意思が強いお客には、販売店の営業も、必要以上に営業に力が入ってしまいます。

理由は、その車を売ることで、営業成績も上がり、販売店側も儲かるからです。

しかし、営業マンも一人の人間なので、購入側が、どれ程本気なのかは、はっきり言ってわかることは少ないです。

購入するお客の性格などにもよりますし、また、値引きの交渉などが苦手な人は、購入する意思を出すのも苦手な事が多いです。

そこで、値引き交渉の材料になるのが、他社ディーラーで同じような車の見積もりを依頼している、といったような、どっちのディーラーが安く購入できるのか比較しているような事を伝えれば、値引きや特典を付けだす事がよくあります。

しかし、何社かのディーラーに足を運んで、見積りをしてもらうのも、意外と面倒なはずです。

そうなると、わざわざ足を運ぶだけではなく、時間も取られてしまうので、できれば、その購入しようと思っている車のディーラーだけで済むように、事前準備が必要になってくるということです

The following two tabs change content below.
福岡県在住、43歳、バツ2、独身男性。 元ディラー勤務を経て、自分で中古車販売店を始め、毎週オークション情報をチェックしながら、小さいながらに、一般のお客さんからも中古車の買い取りをしている。プロの目線で、中古車を高く売るための秘訣を紹介している。 また、元カノはモデルやレースクイーンばかり…仕事でモーターショーに行っては、年甲斐もなく常にナンパをする、根っからの女好きが唯一の短所。 ただ、仕事に関しては真面目で、お客さんからの信頼は高い。

最新記事 by 車業界の中年イケメン社長 (全て見る)

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県在住、43歳、バツ2、独身男性。 元ディラー勤務を経て、自分で中古車販売店を始め、毎週オークション情報をチェックしながら、小さいながらに、一般のお客さんからも中古車の買い取りをしている。プロの目線で、中古車を高く売るための秘訣を紹介している。 また、元カノはモデルやレースクイーンばかり…仕事でモーターショーに行っては、年甲斐もなく常にナンパをする、根っからの女好きが唯一の短所。 ただ、仕事に関しては真面目で、お客さんからの信頼は高い。